文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 「地理空間情報ライブラリー」のリニューアルについて 最終更新日:2014年3月28日

「地理空間情報ライブラリー」のリニューアルについて

 地図や空中写真等の地理空間情報をわかりやすく検索・閲覧・入手するための「地理空間情報ライブラリー」をリニューアルいたします。(別紙1-1)

 今回のリニューアルにより、住所・地名から、地図・空中写真・3D地図を検索・閲覧できるようになりました(別紙1-2)。また、スマートフォン端末からサイトの閲覧ができるようになりました。

 今後も引き続き、地理空間情報ライブラリーのサービスや掲載する情報を充実させていく予定です。

 ○地理空間情報ライブラリー http://geolib.gsi.go.jp/

「地理空間情報ライブラリー」とは

 平成19年5月に成立した地理空間情報活用推進基本法では、その基本理念として、国民が安心して豊かな生活を営むことができる経済社会を実現する上で、地理空間情報を高度に活用することが極めて重要としています。そのため、地理空間情報を共有し、利活用できる環境の整備が必要です。
 また、平成23年3月11日に発生した東日本大震災を契機として、土地の成り立ちがわかる土地条件図や空中写真から昔の地形の把握や、標高がわかる地図から津波の到達の恐れのある範囲が検討できるなど、地図や空中写真などの地理空間情報の重要性が注目されました。このように、発災前の減災及び防災や被災後の復興の取り組みを行うにも地理空間情報の活用は極めて有効です。
 しかし、多種多様な地理空間情報がありますが、必要なものを容易に発見し、他の情報と重ね合わせることは一般の方には容易ではありませんでした。
 国土地理院は、様々な目的で利活用が可能な地理空間情報を国、地方公共団体をはじめ広く国民に紹介することにより、地理空間情報の流通を促進し、活用を進めるため、地理空間情報に関する図書館として「地理空間情報ライブラリー」を平成25年3月28日から公開しました(別紙1-3)

問い合わせ先

お問い合わせは「問い合わせフォーム」へお願いします。

ページトップへ