文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2013年 報道発表資料  > 『電子国土賞』を今年も表彰します  

『電子国土賞』を今年も表彰します

発表日時:平成25年2月22日14時

概要

国土地理院では、今年も国土地理院が提供・配信している電子国土基本図等を利用しているGISソフトウェアとGISコンテンツの中から優れたものを『電子国土賞2013』として表彰します。

国土地理院は、利用者にとって価値のある使いやすい地理空間情報を提供するとともに、産学官の連携による地理空間情報の活用を推進しています。その一環として、昨年、電子国土基本図等の国土地理院のデータを活用し、地理空間情報の高度活用社会の形成に貢献するGISソフトウェア及びGISコンテンツの中から、優れたものを表彰する『電子国土賞』を創設いたしましたが、今年も『電子国土賞2013』として、表彰します。
表彰の対象は、国土地理院の各種データを活用する、独創性・有用性・発展性・操作性等に優れたGISソフトウェアとGISコンテンツで、GISの開発・普及活動を行っている非営利団体(各種学会や、NPO法人、公益法人等)から推薦をいただいたものの中から、学識経験者より構成される電子国土賞選考委員会により選定します。
『電子国土賞2013』は、平成25年8月1日(木)から9月20日(金)までに推薦を受け、選考のうえ、11月初旬に受賞作品を発表し、平成25年11月14日(木)から16日(土)まで開催される「G空間EXPO2013において表彰及び作品紹介を行います。
 

表彰対象となるGISソフトウェア等の主な要件

平成23年4月1日から平成25年7月31日の間に一般に提供開始やバージョンアップしたGISソフトウェア又はGISコンテンツで、国土地理院の電子国土基本図等を活用しているもの。

推薦期間

平成25年8月1日(木)から平成25年9月20日(金)

表彰部門

昨年と同様「モバイル部門」、「PC部門」、「コンテンツ部門」において表彰します。
また、今年は、特定テーマとして、「マップアップリンク」の推進に貢献する優れたものを表彰します。
「マップアップリンク」(PDF形式:567KB)とは、地図を使って地理空間情報を「見える化」するための考え方です。保有する地理空間情報のうち、必要な項目を抽出し、各種ソフトウェア等を介してデータの入出力を行い、電子国土Web.NEXTや表示ビューア、汎用GISソフト等で地図上に重ね合わせて、簡単に表示できるようにすることを目指します。電子国土賞では、電子国土Web.NEXTで重ね合わせできる情報の提供や地理空間情報の見える化に貢献した優れたものを表彰します。)

選考方法

一次審査は、推薦のあったGISソフトウェア又はGISコンテンツについて書面により行います。
二次審査は、外部有識者の選考委員によりデモンストレーション用動画等を用いて選考を行います。

表彰及び作品紹介

平成25年11月14日(木)から11月16日(土)まで開催されるG空間EXPO2013(会場:日本科学未来館)において、表彰を行うとともに、電子国土賞のブースで作品の紹介を行います。

リンク先

電子国土賞 詳細ページ http://psgsv2.gsi.go.jp/koukyou/G-award/index.html 

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省国土地理院 企画部
技術管理課 課長   田崎 昭男 TEL:029-864-6972(直通)
技術管理課 課長補佐 折笠 幸平 TEL:029-864-8281(直通)
                 FAX:029-864-1658

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ