文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2013年報道発表資料  > 西之島周辺の空中写真撮影を実施しました  

西之島周辺の空中写真撮影を実施しました

発表日時:2013年12月24日

 国土地理院では、西之島周辺の空中写真撮影を12月17日に実施しましたので、その撮影写真を公開します。
 国土地理院では、保有する航空機「くにかぜIII」を硫黄島に向けて派遣し、防衛省の協力を得て、小笠原諸島を対象に、12月上旬から中旬にかけて撮影を実施しました。
 その活動の一環として西之島周辺を12月4日に撮影し公開しましたが、その後小笠原諸島からの帰還にあわせ17日に改めて撮影しましたので、インターネット上の「地理院地図(電子国土Web)」で追加して公開します。
 撮影した一連の写真を解析したところ、西之島付近の新島の最も高い標高は約39m(参考値:別紙2参照)でした。この地点は、4日の最高標高(27m)の地点から南南西に約26m移動したところでした。また、新島の海面上の体積は4日の約30万立方メートルから約80万立方メートル(東京ドーム(124万立方メートル)の約3分の2)に増加しました。
 また、空中写真から新島の溶岩流等の地形判読につきましても、新たな写真を基に判読を行いましたので、あわせて公開します。

 〇国土地理院における西之島付近の噴火活動関連情報のアドレス
     http://www.gsi.go.jp/gyoumu/gyoumu41000.html

   別紙1 空中写真(西之島周辺部)  
   別紙2 空中写真(新島の部分を拡大したもの)  
   別紙3 西之島周辺の立体図  
   別紙4-1 西之島噴火 地形判読図
   別紙4-2 2013年西之島沖噴火による新島の形成について(第二報)

問い合わせ先

 〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番  国土交通省国土地理院
 (写真撮影について)
     基本図情報部管理課長     下山 泰志    (直通 029-864-4841)
     基本図情報部画像調査課長  畠山 裕司   (直通 029-864-4884)
                                    (FAX 029-864-1803)
 (地形判読について)   
     応用地理部企画課長       河瀬 和重   (直通 029-864-5917)   
     応用地理部防災地理課長    村岡 清隆    (直通 029-864-6920)
                                     (FAX 029-864-1804)

来場者数 来場者数

ページトップへ