文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2011年 報道発表資料  > 東日本大震災による被災地域の斜め写真を公開  

東日本大震災による被災地域の斜め写真を公開

発表日時:2011年5月20日(金)15時00分

概要

 東日本大震災による被災地域の最新の状況について、5月18日より、上空から俯瞰できる斜め写真の撮影を開始し、20日(金)から撮影した斜め写真の公開を始めます。
 今後、被災した地域について順次撮影し、公開していきます。

 斜め写真の撮影は、津波による被災状況、建物の損壊状況などについての現状を記録・公開し、今後の復旧・復興活動に役立てていただくために行っているものです。撮影予定範囲は、津波により被災した青森県六ヶ所村から岩手県、宮城県を経て福島県相馬市までの沿岸域です。

 この度公開した斜め写真は、国土地理院の測量用航空機「くにかぜIII」から、被災地の海岸付近における700m程度の上空から撮影したものです。
 斜め写真は垂直空中写真に比べて被災地の現状の立体感が得られることから、被災地の現状をわかりやすく把握することができます。

 5月18日に撮影できなかった地域については引き続き写真撮影を行う予定で、撮影を行った地域から順次公開していきます。

 撮影した斜め写真は、国土地理院ウェブサイトの以下のページでご覧いただけます。
 http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/h23_tohoku.html

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番 国土交通省国土地理院 
  基本図情報部画像調査課長    林   孝 (直通029-864-4884)
  基本図情報部画像調査課補佐  根本正美 (直通029-864-5900)

ページトップへ