文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 地球の形をはかる  > GNSS連続観測システム GEONET  > GNSSとは  

GNSSとは

GNSS(Global Navigation Satellite System / 全球測位衛星システム)は、米国のGPS、日本の準天頂衛星(QZSS)、ロシアのGLONASS、欧州連合のGalileo等の衛星測位システムの総称です。

GPSとは

GPS(Global Positioning System)は、米国によって、航空機・船舶等の航法支援用として開発されたシステムです。
このシステムは、上空約 2 万kmを周回するGPS衛星(6 軌道面に30個配置)、GPS衛星の追跡と管制を行う管制局、測位を行うための利用者の受信機で構成されています。
航空機・船舶等では、4 個以上のGPS衛星からの距離を同時に知ることにより、自分の位置等を決定します。GPS衛星からの距離は、GPS衛星から発信 された電波が受信機に到達するまでに要した時間から求めます。衛星から発信される電波には、衛星の軌道情報・原子時計の正確な時間情報などが含まれていま す。
 
GPS衛星のイメージ

ページトップへ