文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2012年 報道発表資料  > 新たな「地理空間情報活用推進基本計画」について  ―G空間社会の実現を目指して― 最終更新日:2012年3月27日

新たな「地理空間情報活用推進基本計画」について  ―G空間社会の実現を目指して―

発表日時:2012年3月27日 14時00分

平成24年度からの新たな「地理空間情報活用推進基本計画」が閣議決定されました。誰もがいつでもどこでも必要な地理空間情報を使ったり、高度な分析に基づく的確な情報を入手し行動できたりする「地理空間情報高度活用社会(G空間社会)」の実現を目指します。

1.概要

地理空間情報活用推進基本計画は、平成19年に施行された地理空間情報活用推進基本法(平成19年法律第63号)に基づき作成された基本計画です。これまでの基本計画は平成20年に策定されましたが、平成23年度末でその期末を迎えることから、関係行政機関からなる地理空間情報活用推進会議において新たな基本計画について検討を行い、このたび閣議決定されました。



  • 社会のニーズに応じた持続的な地理空間情報の整備と新たな活用への対応
  • 実用準天頂衛星システムの整備、利活用及び海外展開
  • 地理空間情報の社会へのより深い浸透と定着
  • 東日本大震災からの復興、災害に強く持続可能な国土づくりへの貢献

2.閣議決定日

平成24年(2012年)3月27日(火)

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土地理院 企画部地理空間情報企画室 室長 安藤 暁史 TEL029-864-6938(直通)
  室長補佐 大塚 孝治 TEL029-864-6256(直通)
〒100-8918 東京都千代田区霞ヶ関2-1-2
国土政策局 国土情報課 地理空間情報活用推進官 伊藤 夏生 TEL03-5253-8353(直通)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ