文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > GIS・国土の情報 > 地理空間情報の活用推進  > 国土地理院におけるG空間EXPOの取り組み  > 「基盤地図情報フォーラム」の開催について  

「基盤地図情報フォーラム」の開催について

国土地理院が開催する「基盤地図情報フォーラム」等イベントのご紹介

1.はじめに

 地理空間情報の高度な活用を推進することは、国民一人ひとりが安心して豊かな生活を営むことができる経済社会を実現していくために必要不可欠であり、国土地理院では、そのためのさまざまな施策を実施しております。
 来る「G空間EXPO」(http://www.g-expo.jp/)は、そうした国土地理院の取り組みを紹介する絶好の機会であることから、「基盤地図情報フォーラム」その他のイベントの開催を予定しています。

2.目的

 国土地理院では現在、地理空間情報活用推進基本法に基づいて、基盤地図情報の整備・提供を進めています(詳細は基盤地図情報サイトへ)。基盤地図情報は、G空間社会を実現する上でその土台で位置の基準となる重要な地図情報であるため、より多くの方々に関心をもち、理解を深めていただくとともに、その活用や効果についてみんなで共有できる場として「基盤地図情報フォーラム」を開催します。

3.内容

国際シンポジウムについて

 G空間社会の大動脈ともいうべき基盤情報について、その整備・提供状況や活用状況、活用の効果として私たちの日常生活をどのように支えているのかなど、今後の展望も交えて、講演とパネルディスカッションで明らかにしていきます。 前半は、わが国の事情に加え、米国・英国・韓国の事情を各国の専門家より紹介していただきます。後半は、各講演者をパネリストとして、整備・提供・活用に関する課題と今後の展望について、相互理解を深めていきます。
  • 開催日時:9月20日(月) 10時00分~16時20分 (9時30分開場)
  • 開催場所:パシフィコ横浜 アネックスホール F205
  • プログラム:内容のご案内(PDF形式:788KB)
   なお、シンポジウムについては事前登録制となっております。

国土地理院の施策紹介ブースについて

 国土地理院の展示スペースでは、日本列島空中散歩マップ(余色立体図)やGPS観測装置等、日頃なかなかご覧になれない珍しい地図、測量機材の模型を展示致します。また、地図や測量についてわかりやすく解説する「ショート講演会」も開催予定です。
 さらに国土地理院では、基盤地図情報(位置の基準となる情報、インターネット無償提供しています)をはじめとして、地図データや空中写真等の地理空間情報の整備・提供・活用推進に努めていることから、展示会場では、基盤地図情報の紹介や、地理空間情報の個人情報保護・二次利用促進に関するガイドラインの解説など、最新情報の発信も行う予定です。

4.お問い合わせ先

国土交通省 国土地理院 企画部地理空間情報企画室 室長     田中 宏明
国土交通省 国土地理院 企画部地理空間情報企画室 室長補佐 出口 智恵

5.その他

 本フォーラムの他にも、国土地理院はG空間EXPOにおいて、以下のシンポジウム・セミナーを開催する予定です。詳細はG空間EXPOシンポジウム(国土地理院)のページをご覧下さい。
 
  1. 電子国土セミナー
  • 開催日時:9月20日(月) 13時30分~15時30分
  • 開催場所:パシフィコ横浜 展示ホール会議室 E205
 
  1. 「G空間社会を目指して」~測量成果の円滑な提供・流通に向けたシンポジウム~
  • 開催日時:9月21日(火) 9時30分~12時00分
  • 開催場所:パシフィコ横浜 ハーバーラウンジB
 
  1. 公共測量の普及啓発セミナー
  • 開催日時:9月21日(火) 13時00分~15時30分
  • 開催場所:パシフィコ横浜 アネックスホールF201

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ