文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 平成23年(2011年)東日本大震災に関する情報提供  > 津波に関する調査研究  > 名取市海上における津波の進行状況の計測  

名取市海上における津波の進行状況の計測

2011年6月23日 掲載
2011年7月13日 より高画質の現データと正確な時刻合わせを使用して再計測

名取市の海上で津波(壊滅的な被害をもたらした最大波より後の波)が押し寄せている状況をNHKが空撮し、放映しました。国土地理院では、このビデオを地図に合わせて幾何補正し、海上での津波の進行状況を図化しました。背景は、地震後の空中写真です。
この計測結果は、海上を進行中の津波を計測した珍しいものであるとともに、検潮所が被災したため観測できなかった最大波より後の津波の状況を示すものです。また、幾何補正されたビデオ映像を見ると、引き波のため汀線が海側に移動している様子がわかります。
計測結果

高解像度版
データ(シェープファイル形式)のダウンロード

連絡先: 国土交通省 国土地理院 地理地殻活動研究センター 地理情報解析研究室
電話: 029-864-5942
メール:gsi-geoinfo-analayze=ml.mlit.go.jp(=を@にしてください)

ページトップへ