文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 地理地殻活動研究センター  > 地理情報解析研究室  > 主な論文・報文(その他の研究) 最終更新日:2013年7月1日

主な論文・報文(その他の研究)

平成25年(2013年)
  • 神谷 泉(2013): サーバーPINGマップによる異常事態の把握. GIS-理論と応用,vol.21,no.1,pp.29-34.
  • 神谷 泉(2013): 面積と角の歪みのバランスを考慮した「最適全球図法」の開発. 地図,vol.52,no.2,pp.35-46.
 
平成24年(2012年)
  • 神谷 泉(2012): 面積と角の歪のバランスを考慮した地図投影法の評価手法と極の性質. 地図,vol.50,no.3,pp.1-15.
 
平成23年(2011年)
  • 目代邦康・小荒井 衛(2011): 日本におけるジオパーク活動の展開と地図の活用. 地図,vol.49,no.3,pp.1-16.
  • 小荒井 衛(2011): 都市環境・土木・建築分野におけるリモートセンシング技術の社会貢献(官の立場から). 日本リモートセンシング学会誌,vol.31,no.2,pp.181-186. [全文[PDF:1MB]]
  • 小荒井 衛(2011): 地域の特質を理解する能力とは. 地理,56巻4月号,pp.44-45.
 
平成22年(2010年)
 
平成21年(2009年)
 
平成20年(2008年)
  • 小荒井 衛・坂部真一・大木章一・岡庭直久・須崎哲典・菅 富美男・細川與司勝・住田英二・藤原敏郎(2008): 国土地理院と地方自治体が連携した基盤地図情報と共用GIS の整備. 地理情報システム学会講演論文集,vol.17,pp.331-336.
  • 神谷 泉・荒木博志・祖父江 真(2008): 『「かぐや」が見た月の地形』の作成(短報・添付地図解説).地図,vol.47,no.1,pp.33-34.
  • 神谷 泉(2008): 月の地形図の作成. 地図(ニュース),vol.46,no.2,p.36.
 
平成19年(2007年)
 
平成18年(2006年)
 
平成17年(2005年)
  • 小荒井 衛(2005): 地理情報の標準化の動向. 建設関連業月報,vol.25,no.286,pp.5-10.
  • 小荒井 衛・宇根 寛(2005): 教育現場におけるGIS活用に対する国土地理院のサポート. 教育GISフォーラム研究紀要,vol.1
  • 小荒井 衛・大塚孝治・久保紀重・太田守重・大伴真吾・大地賢一(2005): 「地理情報標準」の利用促進に関する研究. 地理情報システム学会講演論文集,vol.14,pp.249-252.
 
平成16年(2004年)
 
平成15年(2003年)
 
平成14年(2002年)
  • 小白井亮一(2002): Did you feel it? -地震防災に関する米国地質調査所のユニークな取り組み-. 国際建設防災,vol.12,pp.130-133.
 
平成13年(2001年)
  • 政春尋志(2001): ガウス=クリューゲル図法投影式の導出法-予備知識を明確にした解説の試み-. 地図,vol.39 no.4,pp.10-16.[全文[PDF:0.4MB]]
 
平成12年(2000年)
 
平成11年(1999年)
 
平成10年(1998年)
  • 神谷 泉(1998): ラスタ型地形図ディジタル修正システムの開発、実用化とその効果. 地図,vol.36,no.4,pp.1-14. [全文[PDF:2.1MB]]
地理地殻活動研究センターにおける現行のテーマは、国土地理院研究開発基本計画に基づき設定されたものです。
地理情報解析研究室への電子メールでお問い合わせは、gsi-geoinfo-analyze=ml.mlit.go.jp(=を@にしてください)宛にお願いします。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ