文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 最近の地震活動に伴う地殻変動  > 平成17年3月20日 福岡県西方沖の地震に伴う地殻変動  

平成17年3月20日 福岡県西方沖の地震に伴う地殻変動

電子基準点(GPS連続観測点)による解析

平成17年3月20日(日)10時53分頃福岡県西方沖で発生した地震(マグニチュード7.0)について、電子基準点(GPS連続観測点)の15時までのデータ(速報値)を解析した結果、電子基準点「福岡」が南西へ約17cm、電子基準点「前原」が南へ約9cm移動していることなど、福岡県地方を中心に地殻変動が認められました。
平成17年3月20日 福岡県西方沖を震源とする地震に伴う地殻水平変動ベクトル図

地殻変動から推定した震源断層モデルについて

 この地殻変動から推定される断層モデルとして、長さ約30km、幅約20kmの断層が約0.6m滑ったと推定され、余震域ともほぼ対応します。この断層運動から導かれるモーメントマグニチュードは約6.6となりました。(これらの解析結果は即時解析による速報値であるため、暫定的なものです。)

 (*モーメントマグニチュード(Mw):地震で解放されたひずみの大きさから推定した地震の規模)
福岡県西方沖を震源とする地震の地殻変動モデル、概念図

戻る

ページトップへ