文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ > 重力・ジオイド  > ジオイド  

ジオイド

ジオイド・モデル

日本のジオイド2011(Ver.2.1)(GSIGEO2011(Ver.2.1))

 2019年2月20日に「日本のジオイド2011」(Ver.2.1)を公開しました。
 今回の改定では、北海道利尻島周辺の値を更新しています。その他の地域は「日本のジオイド2011」(Ver.2)から数値の変更はありません。

 現在の日本のジオイド・モデルの詳細については、国土地理院時報(2018,130集)「ジオイド・モデル「日本のジオイド2011」(Ver.2)の構築」、国土地理院時報(2014,126集)「ジオイド・モデル「日本のジオイド2011」(Ver.1)の構築」、Bulletin of the GSI (Vol.62)「Development of new hybrid geoid model for Japan, "GSIGEO2011」"をご覧ください。
「日本のジオイド2011」(Ver.2.1)の提供範囲
「日本のジオイド2011」(Ver.2.1)の提供範囲。赤枠が更新箇所。
「日本のジオイド2011」(Ver.2.1)。等ジオイド高線間隔は50m。
「日本のジオイド2011」(Ver.2.1)。等ジオイド高線間隔は50m。

提供方法

「日本のジオイド2011」(Ver.2.1)(GSIGEO2011(Ver.2.1))は、基盤地図情報ダウンロードサービスサイトからダウンロードにより取得できます。

上記リンク先の基盤地図情報ダウンロードサービスサイトにログインしてください。
ログイン後の画面で、基盤地図情報ジオイド・モデルを選択してダウンロードできます。

過去のジオイド・モデル

ジオイド・モデルの変遷

国土地理院では、下記内容のジオイド・モデルの改定を行ってきました。  

 ・2000年公開 日本のジオイド2000[PDF:2,529KB]  
 ・2013年公開 日本のジオイド2011+2000      : 中国、四国、九州地区を改定  
 ・2014年公開 日本のジオイド2011 (Ver.1)     : 北海道から近畿地方、沖縄本島を改定
 ・2016年公開 日本のジオイド2011 (Ver.2)     : 全国の離島部を改定

過去のジオイド・モデルの提供

過去のジオイド・モデルの提供については、こちらよりお問い合わせください

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ