文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 主題図(地理調査)  > 全国の傾斜量区分図(雪崩関連)を公開しました 最終更新日:2017年4月14日

全国の傾斜量区分図(雪崩関連)を公開しました

 雪崩は、一般的に一定の傾斜の斜面で発生しやすいことが知られています。
 国土地理院は、平成29年那須町の雪崩を受けて、全国の傾斜量区分図(雪崩関連)を緊急に整備しました。
 これからの春山シーズンの登山や雪崩災害防止などにご活用ください。
 なお、傾斜量区分図は、地形を傾斜角で区分した図であり、雪崩の危険度そのものを評価したものではありません。緩斜面の箇所等でも雪崩が発生又は到達する可能性があり、十分な注意が必要です。

全国の傾斜量区分図(雪崩関連)は、以下の国土地理院のウェブ地図「地理院地図」で閲覧できます。
URL:http://maps.gsi.go.jp/


資料ー1 傾斜量区分図の使用上の留意事項(PDF形式:629KB)
資料ー2 全国傾斜量区分図(雪崩関連)(PDF形式:148KB)

問い合わせ先

〒305-0018 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省 国土地理院
応用地理部 地理情報処理課長 安喰 靖  TEL:029-864-6920(直通)
              課長補佐 齋藤 俊信 TEL:029-864-6921(直通)
            技術専門員 高桑 紀之 TEL:029-864-6342(直通)
                             FAX:029-864-1804

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ