文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2015年 報道発表資料  > 砺波平野断層帯ほかの都市圏活断層図を公開  > 別紙   砺波平野断層帯ほかの都市圏活断層図-今回の調査で得られたこと  

別紙   砺波平野断層帯ほかの都市圏活断層図-今回の調査で得られたこと

今回の調査で得られたこと

(1)なみへい断層帯とその周辺「高岡」

砺波平野断層帯とその周辺の図には、いするぎ断層 9km、たかおか断層 15.5km、みず断層 9km、その他の推定活断層を表示しています。 

(注:断層の長さは本図に表示されている範囲です) 
 

表示した活断層のうち、代表的なものは以下のとおりとなります。

  1. 石動断層は、高岡市福岡町上向田から小矢部市松永まで延びる、東南側下がりの とうきょく変位を一部伴う断層です。高岡市 うわ付近では、北西側下がりの縦ずれ活断層が並行し、段丘面の一部に かつしゅうきょくが見られます。「高岡」(資料2-1A)
  2. 高岡断層は、高岡市伏木国分1丁目から福岡町西川原島まで延びる、東側下がりの撓曲変位を一部伴う断層です。小矢部川と庄川に囲まれる段丘面には、活褶曲による変動地形が認められます。今回の調査によって新たに活断層として認められました。「高岡」(資料2-2B)
  3. 射水断層は、射水市橋下条から砺波市宮森まで延びる、北側下がりの撓曲変位を一部伴う断層です。今回の調査によって新たに活断層として認められました。「高岡」(資料2-2C) 

 

(2)とけきょうと西にしやま断層帯とその周辺「まいづる」「あや

これらの地図には、 かんばやしがわ断層22.5km、とけ断層8km、殿との断層3.5km、その他の推定活断層を表示しています。
(注:断層の長さは本図に表示されている範囲です)

表示した活断層のうち、代表的なものは以下のとおりとなります。

  1. 上林川断層は、「舞鶴」図幅から「綾部」図幅にかけて綾部市下八田町から奥上林川原まで延びる、右横ずれ※を主体とする断層で、系統的な河谷の屈曲が認められます。「舞鶴」(資料3-A) 
  2. 三峠断層は、京丹波町から北久保まで延びる、左横ずれを主体とする断層で、系統的な河谷の屈曲が認められます。また、断層東部では主体となる断層から西南側下がりの縦ずれ※断層が分岐しています。「綾部」(資料 3-B)
  3. 殿田断層は、京丹波町井尻から中台まで延びる活断層で、「園部」図幅から続く断層の総延長は 7.5kmとなります。 「綾部」(資料3-C)

(3))やまさき断層帯とその周辺「ほうじょう」「たかさご

これらの地図には、こうみょう断層 5.5km、あおちょう断層 8.5km、大貫断層 2.5km、こう断層 3km、きよたにちょう断層 2.5km、断層 4km、くさだに断層 12km、その他の活断層・推定活断層を表示しています。(注:断層の長さは本図に表示されている範囲です)

表示した活断層のうち、代表的なものは以下のとおりとなります。
  1. 光明寺断層は、加西市河内町から加東市下滝野まで延びる、左横ずれ※を主体とする断層で、系統的な河谷の屈曲が認められます。また、鍛冶屋町から油谷町にかけて長さ 0.5km の北側下がりの縦ずれ※成分を有する左横ずれ断層が並行しています。「北条」(資料4-A)
  2. 青野町断層は、加西市中富町から小野市桜台まで延びる活断層で、一部北側下がり及び南側下がりの縦ずれを伴っています。「北条」(資料4-B)
  3. 草谷断層は、三木市福井から加古川市平岡町土山まで延び、北西側上がりと南西側上がりの断層が雁行※状に連続しています。また、一部には断層活動に伴って形成された短い波長のしゅうきょく※によるなまこ状の膨らみが列状 に認められます。「高砂」(資料5-A)

(4)うんぜん断層群とその周辺「うんぜん

雲仙断層群とその周辺の図には、断層 21.5km、ぐら断層 2.5km、せん断層 9.5km、あかまつだに断層 4.5km、おしどりいけ断層4km、ふか断層 7km、断層 5km、たかいわやま断層 6.5km、やなぎはら断層 4km、おおぞの断層 3km、その他の活断層・推定活断層を表示しています。(注:断層の長さは本図に表示されている範囲です)
調査地域には、雲仙火山の噴出物や火山麓扇状地を変位させる正断層が多数分布しています。北部に分布する断層は概ね南落ち、南部に分布する断層は概ね北落ちで、全体として地溝を形成します。

表示した活断層のうち、代表的なものは以下のとおりとなります。
  1. 千々石断層は、諫早市森山町唐比東から島原市杉山町まで延びる、南側下がりの縦ずれ※断層です。複数の断層が分岐・並走しながら連なっています。「雲仙」(資料6-A)
  2. 九千部断層は、雲仙市千々石町南船津名の釜岳付近から普賢岳北部まで延びる、南側下がりの縦ずれ断層です。複数の断層が分岐をしながら連なっています。「雲仙」(資料6-B)
  3. 赤松谷断層は、雲仙市の仁田峠付近から南島原市上大野木場まで延びる、北側下がりの縦ずれ断層です。赤松谷断層の西方、仁田峠の北方と西方に2条の短い断層が新たに確認されました。「雲仙」(資料6-C)

(5)ひとよしぼんなんえん断層とその周辺「ひとよしぼん

人吉盆地南縁断層とその周辺の図には、人吉盆地南縁断層23km、しんふか断層 3km、たかんばる-朝あささこ断層 5km、その 他の推定活断層を表示しています。(注:断層の長さは本図に表示されている範囲です)

表示した活断層のうち、代表的なものは以下のとおりとなります。
  1. 人吉盆地南縁断層は、人吉市大畑町から湯前町田上まで延びる、北西側下がりの縦ずれ※を主体とする 撓 曲 ※変位を伴う断層です。また、断層西部は右横ずれ※がみられ、系統的な河谷の屈曲が見られます。「人吉盆地」(資料7-A)
  2. 新深田断層は、相良村川辺からあさぎり町深田まで延びる、北側下がりの撓曲変位を伴う断層です。「人吉盆地」(資料7-B)
  3. 高原-朝ノ迫断層は、錦町平岩からあさぎり町牧場まで延びる、北側下がりの断層で、撓曲変位を伴う箇所もあります。「人吉盆地」(資料7-C)
(「※」は、参考資料2の「8.用語の説明」を参照)

ページトップへ