文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2018年 報道発表資料一覧  > 活断層図(都市圏活断層図)について  > 活断層の詳細な位置を表した活断層図12図葉を公開  > 資料3 1:25,000活断層図「宮津」「大江山」 最終更新日:2018年7月12日

資料3 1:25,000活断層図「宮津」「大江山」

山田断層帯とその周辺の活断層を表示しています

位置図

位置図 1:25,000活断層図 山田断層帯

1:25,000活断層図「宮津」の概要

1:25,000活断層図 宮津
宮津              1:25,000活断層図「宮津」(画像をクリックすると、「地理院地図」による閲覧ができます。)

今回の調査で得られたこと

 「宮津」図葉には、山田(やまだ)断層約18km、三重(みえ)断層約7km、須津峠(すづとうげ)断層約2km、弥助山西(やすけやまにし)断層約3km、中山(なかやま)断層約6km、仲禅寺(ちゅうぜんじ)断層約6km、郷村(ごうむら)断層約10km、新治(にんばり)断層約3km、上菅(かみすげ)長岡(ながおか)断層約2kmとその他の推定活断層を表示しています。
 表示した活断層は、以下のとおりです。
 
  断層名 断層について 長さ
 1 山田(やまだ)断層 宮津市日置(ひおき)付近から与謝野町上山田(かみやまだ)の西方まで全体的に東北東から南南西に延びる約18kmの右横ずれを主体とした北西側隆起(南東落ち)の変位を伴う活断層です。複数の分岐断層が交差、並走し、断層が通る複数の扇状地上で断層崖が認められます。断層の南西域では変位による谷の右屈曲が確認できます。また、本図内の断層の南西域では、北丹後地震(1927)に伴う地震断層が出現したことが報告されています。。 約18km
 2 三重(みえ)断層 宮津市大宮町(おおみやちょう)延利(のぶとし)付近から同市上山田付近まで、北北東から南南西に延びる約7kmの北西側隆起(南東落ち)の変位を伴う活断層です。断層の南端部では変位による谷の右屈曲が確認できます。 約7km
 3 須津峠(すづとうげ)断層 宮津市須津から須津峠を越えて同市漁師(りょうし)付近まで東西に延びる約2kmの活断層です。断層中央付近に変位による谷の左屈曲が確認できます。 約2km
 4 弥助山西(やすけやまにし)断層 宮津市奥波見(おくはみ)から同市日置付近まで南北に延びる約3kmの全体的に西側隆起(東落ち)の変位を伴う活断層です。 約3km
 5 中山(なかやま)断層 京丹後市吉野(よしの)付近から同市弥栄町(やさかちょう)黒部(くろべ)まで、ほぼ東西方向に延びる約6kmの右横ずれの変位を伴う活断層です。 約6km
 6 仲禅寺(ちゅうぜんじ)断層 京丹後市網野町(あみのちょう)島津(しまづ)から同市峰山町(みねやまちょう)丹波(たんば)まで北西から南東に向かって直線状に延びる約6kmの左横ずれの変位を伴う活断層です。断層線上に変位による谷の左屈曲が確認できます。 約6km
 7 郷村(ごうむら)断層 京丹後市網野町の沿岸から同市峰山町新治(にんばり)付近まで、ほぼ北北西から南南東に延びる約10kmの左横ずれを主体とし、南西側隆起(北東落ち)の変位を伴う活断層です。断層中央部では変位による谷の左屈曲が確認できます。また、断層線に沿って北丹後地震(1927)に伴う地震断層が出現したことが報告されています。 約10km
 8 新治(にんばり)断層 京丹後市峰山町赤坂(あかさか)付近から同市峰山町新治まで、ほぼ南北に延びる約3kmの左横ずれを主体とし、西側隆起(東落ち)の変位を伴う活断層です。また、断層全体に北丹後地震(1927)に伴う地震断層が出現したことが報告されています。 約3km
 9 上菅(かみすげ)長岡(ながおか)断層 京丹後市上菅付近から同市峰山町長岡を経由して、同市大宮町善王寺(ぜんのうじ)付近まで北西から南東に延びる約2kmの全体的に西側隆起(東落ち)の変位を伴う活断層です。また、断層全体に北丹後地震(1927)に伴う地震断層が出現したことが報告されています。 約2km
注:断層の長さは本図に表示されている範囲です。
」は、参考資料2の「7.用語の説明」を参照

活断層図「宮津」の解説を見る。
  

1:25,000活断層図「大江山」の概要

1:25,000活断層図 大江山
大江山              1:25,000活断層図「大江山」(画像をクリックすると、「地理院地図」による閲覧ができます。)

今回の調査で得られたこと

 「大江山」図葉には、山田(やまだ)断層約15km、三岳山(みたけさん)断層約9kmとその他の推定活断層を表示しています。
 表示した活断層は、以下のとおりです。
 
  断層名 断層について 長さ
 1 山田(やまだ)断層 与謝野(よさの)四辻(よつつじ)から豊岡市但東町(たんとうちょう)唐川(からかわ)まで分岐断層を伴いながら北東から南西に延びる約15kmの右横ずれを主体とした、北側又は北西側隆起(南又は南東落ち)の変位を伴う活断層です。断層全体に変位による谷の右屈曲が確認できます。また、本図内の断層の北東端では、北丹後地震(1927)に伴う地震断層が出現したことが報告されています。 約15km
 2 三岳山(みたけさん)断層 福知山市荷稲(にいね)付近から同市一ノ宮(いちのみや)まで、北東から南西に延びる約9kmの右横ずれを主体とした、西側隆起(東落ち)の変位を伴う活断層です。断層南西部では変位による谷の右屈曲が確認できます。 約9km
注:断層の長さは本図に表示されている範囲です。
」は、参考資料2の「7.用語の説明」を参照

活断層図「大江山」の解説を見る。
 

ページトップへ