文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 国土地理院の国際活動  > 南極観測  > 南極の地理空間情報  > 成果カテゴリートップ  > 水準測量  

水準測量

  • データの概要

概要

水準測量について

 水準測量は、地形図作成に必要な基準点に正確な標高を与えるとともに、繰り返して測量を行うことでポストグレーシャルリバウンド(氷河の後退による地殻の隆起現象)に伴う地殻変動の検出が期待されています。
 現在の標高は、東オングル島の西浦に面する地点で行われた1981年1月から1982年1月まで1年間の験潮記録による平均海面を基準としています。

水準路線図

水準点は、東オングル島と西オングル島(第46次隊)で設置され、水準路線を形成しています。
東西オングル島の水準路線図

変動グラフ

 東オングル島に関しては、これまで4回の水準測量を繰り返し行っています。西オングル島は2005年(第47次隊)に初回の観測が行われたのみで、変動量は把握されておりません。

東オングル島水準測量変動グラフ


ページトップへ