文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2011年 報道発表資料  > 日本全国の最新の磁気図を公表  

日本全国の最新の磁気図を公表

地理空間情報と方位磁針を結びつける情報を更新

発表日時:2011年9月28日14時00分

国土地理院は、日本全国の磁場分布を示した最新の「磁気図2010.0年値」を公表します。地磁気成分のひとつである偏角は、地理空間情報と方位磁針を結びつける情報で、地磁気センサー技術の進歩により様々な分野での活用が期待されます。

国土地理院では、日本全国の地磁気の地理的分布と時間的変化を把握するために、地磁気測量を実施しています。その成果は、1970年から10年ごとに「磁気図」としてまとめており、今回公表する「磁気図2010.0年値」は、その最新版です。

 
地球は、磁石としての性質をもち、地球が持つ磁気を地磁気といいます。地磁気の方向と大きさは、時間や場所によって異なり、常に変化しています。例えば、東京周辺の偏角は、およそ西偏7度となり、この40年間で方位磁針の示す向きは、約0.7度西に変化しました。


「磁気図2010.0年値」は、2010110時(協定世界時)における地磁気の各成分(偏角、伏角、全磁力、水平分力、鉛直分力)を表したものです。同時に、2万5千分1地形図毎の偏角をとりまとめた2010.0年値 磁気偏角一覧図」も公表します。

参考ページ

磁気図の閲覧やその他詳細については、国土地理院地磁気測量ホームページ( http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geomag/ )をご覧ください。

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番    国土交通省 国土地理院 測地部
         物理測地課長  海老名 賴利 TEL 029-864-4767(直通)
         地磁気係長    植田 勲     TEL   029-864-4785(直通)

ページトップへ