文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ  > 日本列島の地殻変動  > 地殻変動に関する報道発表等  > 2005年発表  > 宮城県沖を震源とする地震に伴う地殻変動(第1報)  

宮城県沖を震源とする地震に伴う地殻変動(第1報)

発表日時:2005年8月16日(火)19時00分

概要

 国土地理院(院長 矢口 彰(やぐちあきら))は、電子基準点(GPS連続観測点)を全国に展開し連続的な地殻変動観測を実施しています。
 平成17年8月16日(火)11時46分頃に発生した宮城県沖の地震(マグニチュード7.2暫定値)について、電子基準点の15時までのデータを緊急に解析した結果、資料1~3に示すとおり、電子基準点「牡鹿」が東へ約5cm移動していることなど宮城県地方で地殻変動が認められました。

 なお、数値は緊急的な解析によって得られた暫定的な結果です。

 国土地理院では、今後も地殻変動の監視を継続的に続けていきます。

添付資料

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土地理院                    TEL 029-864-1111(代表)
測地観測センター  地震調査官   畑中 雄樹  TEL 029-864-4825(直通)
          地殻監視課長  根本 盛行  TEL 029-864-5971(直通)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ