文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 第34回国土地理院技術研究発表会報告  > 防災地理情報の整備とハザードマップへの応用  

防災地理情報の整備とハザードマップへの応用

企画課長補佐  鈴木 義宜


 自然災害が多発する中で、ハザードマップ作成が緊急の課題となっている。本発表では国土地理院の防災・減災のためのハザ-ドマップ基礎情報整備の紹介と、今までの自然災害への対応から最近の大規模災害への取り込みについて説明し、災害情報の発信、提供のあり方について提案する。

ページトップへ