文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 第34回国土地理院技術研究発表会報告  > 航空機・衛星による災害状況把握技術の発展  

航空機・衛星による災害状況把握技術の発展

測図技術開発室長補佐  浦部 ぼくろう


 阪神淡路大震災以降、航空機や人工衛星を利用した情報収集技術はめざましい発展を遂げている。写真測量、SARなどの情報取得・処理技術の進歩などから詳細な現地の状況を災害発生直後からさまざまな形態で提供できるようになった。国土地理院が実施してきた災害対応業務の実績と、情報収集技術の発展経過を紹介する。

ページトップへ