文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 研究開発  > 第34回国土地理院技術研究発表会報告  > 地震・津波・火山噴火・風水害への国土地理院の対応  

地震・津波・火山噴火・風水害への国土地理院の対応

防災企画官  箱岩 英一


 日本列島は、自然災害と隣り合わせにあり、あらゆる災害が起きる危険性がある。特に昨年は、風水害が頻発し、新潟県中越地震の死者40名も阪神淡路大震災以降の地震災害では最悪となった。本発表会では最近の災害を振り返り、これらの災害に国土地理院はどのように対応したか、課題はなにかを紹介し総括する。

ページトップへ