文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 地図と測量の科学館  > インターネット企画展  > 一等三角点を散歩する  > 一等三角点標石の構造  

一等三角点標石の構造

一等三角点標石の構造

画像:三角点標石の構造1

三角点標石の構造1


画像:三角点標石の構造2

三角点標石の構造2


一等三角点標石の重さは、柱石が90kg、盤石が45kgもあります。標高2,000m以上の高山にこれを運び上げるには相当の苦労があったようです。

 

また、私たちが通常見ているのは、標石全体のほんの一部でしかありません。上部から順に、柱石、盤石、下方盤石があり、平地部などには4つの防護石もあります。盤石と下方盤石は、もしものために復元できるように設置したもので、それぞれの中心線が一致しています。ただし、高山地などでは下方盤石がないものもあります。

ページトップへ