文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 地図と測量の科学館  > 全国児童生徒地図優秀作品展  > 第19回全国児童生徒地図優秀作品展  > 多摩市身のまわりの環境地図作品展  

多摩市身のまわりの環境地図作品展

第20回(平成28年) 多摩地区 主催:多摩市身のまわりの環境地図作品展運営委員会

作品展の概要

「多摩市身のまわりの環境地図作品展」は、日常、触れたり感じている身のまわりの生活環境を取り上げ、自分で観察し、地図として表現することにより、環境の捉え方を身を持って学び、環境に対する理解を深めることを目的に毎年11月から12月頃に開催されています。

作品:多摩市給水拠点・災害対策用井戸マップ

奨励賞/国土地理院長賞

作品名:多摩市給水拠点・災害対策用井戸マップ

受賞者:多摩市立聖ヶ丘中学校 1年 前田 明日香

作品主旨:このマップを制作した目的は、近所に聖ヶ丘給水拠点があり、給水所は多摩市にどれくらいあるのか、何の役割があるのか、知りたくなり調べる事にしました。
実際に実物を全部見に行き、写真を撮ったり、場所を確認するのが大変でしたが、全部できた時は達成感があり良かったです。
また、マップをカラフルにまとめるのが楽しかったです。災害は起きてほしくないですが、災害時に給水拠点や井戸の場所を知っておくと役に立つのでたくさんの人に知ってほしいです。


作品:私たちの町の防災マップ

(一社)環境情報科学センター理事長賞

作品名:私たちの町の防災マップ

受賞者:多摩市立多摩第二小学校 5年 黒澤 奏、面谷 拓夢、萩原 拓洋、川辺 麗來、板垣 茉歩、澤田 紗希

作品主旨:4年生での学習で、私たちが住んでいる町には災害にそなえるための設備や工夫があることを知り、その事を地域の人たちにも知ってほしいと考え、このテーマにしました。
この地図を作るために、防災や安全安心の視点で町を歩いてみたところ、改めて危険だと感じる所が多く、そのことを分かりやすく表現するのに時間をかけました。
私たちは、この地図を通して、地域の人たちが日頃から防災の意識をもってほしいと思います。


作品:多摩13仏霊場めぐり

(一財)日本地図センター理事長賞

作品名:多摩13仏霊場めぐり

受賞者:多摩市立多摩永山中学校 1年 千原 優奈

作品主旨:私が多摩13仏霊場を調べた理由は、ただお寺を調べるだけじゃつまらないし、テーマを決めて調べようと思ったからです。調べてて大変だったことは自転車で回っていて坂が多かったことと、途中で雨が降ってきたことです。
特に大雨が降ってきたときはお寺の住職さんにお寺に入れてもらったりもしました。でも、調べてみて驚いたことがたくさんありました。例えば、えんま大王や木ぼりりゅうなどです。調べてみて楽しかったです。


作品:ガードレール形色

(一社)地図調製技術協会長賞

作品名:ガードレール形色

受賞者:多摩市立豊ヶ丘小学校 6年 飛渡 太輝

作品主旨:いつも、意識しないで見ている「ガードレール」に、沢山の種類があることに気付き、調べてみようと思いました。初めに、父と多摩市役所の道路交通課に行き、詳しい情報を頂きました。とても緊張しました。
その情報を元に一つ一つ、自転車や徒歩などで調べていきました。天候に左右されるなど、大変な事もたくさんありました。
この地図を作成して、設置される場所によって、形や色が様々に工夫されている事が分かりました。


作品:多摩市の神様

(一財)地図情報センター理事長賞

作品名:多摩市の神様

受賞者:多摩市立聖ヶ丘中学校 1年 辻田 萌

作品主旨:私が多摩市の神様を調べようと思ったきっかけは、小学6年生のときにやった、神社調べです。その時に他にどんな神社があるのかと興味を持ちました。
調べてみて、思っていたより周りにはたくさんの神様がいました。なので、まとめるのがすごく大変でした。でも神様を調べているうちに沢山のご利益を知れたので楽しかったです。
ちなみに、初詣というのは土地神様へのあいさつなので、良かったら近くの神社に行ってみてください。


作品:多摩市の駐輪場

(公社)日本地理学会長賞

作品名:多摩市の駐輪場

受賞者:多摩市立多摩永山中学校 1年 田中 龍馬

作品主旨:僕は、みんながあまりやらない環境地図を作ろうと「多摩市の駐輪場」にしました。
思っていた以上に月極駐輪場を契約している人が多かったです。空気入れのある駐輪場があり、とても便利だと思い、ほかの駐輪場にもおいてほしいです。大型自転車専用の駐輪場は子供連れのお母さんにとって、とても助かると思います。
通勤・通学に自転車を使うことは、健康にもいいし地球温暖化を防ぎ、環境にも良いと思いました。


作品:時代と共に変化する保育施設

日本地図学会長賞

作品名:時代と共に変化する保育施設

受賞者:多摩大学附属聖ヶ丘中学校 1年 小出 梨乃

作品主旨:私は最近、保育施設が変化しているとニュースなどで知り、それについて調べてみました。制作する際に苦労したこと。それは、資料を集めることです。
実際に市役所やさまざまな形態の保育施設で話を聞きました。多摩市にはどの地域からも通いやすいように施設がたくさんあったため、移動を何度もして大変でした。
このように資料を集めて調べると、保育施設のことはもちろん、世の中の移り変わりも知ることができたので良い機会となりました。


ページトップへ