地理院ホーム  > 基本測量  > 2万5千分1地形図の作成  > 平成14年2万5千分1地形図図式  

平成14年2万5千分1地形図図式

 地図は、現実の世界を人が理解しやすいように表現する必要から生まれました。
 単純な線や点や文字だけでは、意味が伝わりにくいので、表現には工夫が必要です。
 また、盛り込む情報が多すぎると、かえって利用しづらくなります。作成する縮尺に応じて適宜整理した表現が求められます。

 例えば、建物が密集している地域で1軒1軒の家を全部表現した場合、いつのまにか真っ黒に塗り潰したような地域を描くことになります。
 「建物が密集した地域」を記号で表現するように定めれば、見やすい地図になります。
 2万5千分1地形図では、これを「総描建物」という記号で表現しています。
 国土地理院で発行する地図は、時代に合わせて改正を繰り返しながら「図式」という規定に基づき作成してきました。
 「図式」は記号の形の他、大きさや取得基準、配置の順番などが定められています。
 2万5千分1地形図では、現在「平成14年2万5千分1地形図図式」に基づいて地図作りが行われています。
 ここでは、記号について、その一部を紹介します。


基準点及び標高

道路

鉄道

建物等

その他の構造物

植生

特定地区

陸部の地形

水部の地形

行政界

 ここで掲載している記号は、ページが重くならないように加工しています。実際に地形図で使用されている記号と比べて表現が簡略化されています。

ページトップへ


サイトマップ