文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基本測量  > 空中写真による2万5千分1地形図の作成方法  > 編集  

編集

データ・資料から地図を編集する

図化で得られたデジタルデータをパソコンのディスプレイ上に表示し、マウスを使って編集を行い、地形図データを作成します。

編集

画面に向かって編集する人
古くは、ペンと墨で描かれていた地図ですが、現在はデジタルデータに加工され、コンピューターを使い編集しています。
編集画面の拡大画像[JPEG形式:374KB]

原データと図式表現

図化などで得られたデータはベクトル形式です。これに属性を付与して原データとしています。
これを図式で規定された表現に加工すると、人間が目で見て使いやすい地図ができあがります。
編集作業も図式表現された画面を見ながら行います。
例)
同じ場所の原データ[JPEG形式:360KB]図式表現[JPEG形式:528KB]

ページトップへ