伊能大図(米国)について

 伊能忠敬の測量成果に基づく「大日本沿海輿地全図」の大図(縮尺3万6千分1)は、214枚で日本全国をカバーすることが知られています。これまで国内で存在が知られている枚数はその内わずか60数枚でしたが、去る2001年3月、米国議会図書館でこの未確認分148枚を含む207枚(内169枚が彩色なし)が発見されました。
 なお、この伊能大図(米国)は、国土地理院の前身である参謀本部陸地測量部の輯製(しゅうせい)20万分1図作成のための骨格的基図として模写されたものと考えられています。

伊能大図(米国)見本(一部分)
(彩色あり:NO.23釧路市周辺)
(彩色なし:NO.90皇居周辺)
                                 
                                         伊能図の説明
                                            ■
伊能忠敬と伊能大図
                                            ■
彩色図について