数値地図25000(地名・公共施設)

 1.概  要

 この数値地図25000(地名・公共施設)は、2万5千分の1地形図上の注記と記号(公共施設のみ)を数値化しています。また、注記及び記号で地形図上に表示されている公共施設については、その正式名称及び所在地等の情報を合せて取得しています。
 このデータの特徴は、次のとおりとなっています。

  1. 代表点位置の表示:地形図上の注記及び記号(公共施設記号)について、それぞれの対象を示すもっともふさわしい位置に代表点を取得しています。代表点は経緯度(秒単位で小数点第1位まで)で計測されています。
  2. 属性データの付加:注記、記号、公共施設のそれぞれのデータが所属する行政コード、データの特徴から分類した分類コード等を付加しているため、検索及び統計処理をスムーズにおこなうことができます。
  3. 地形図の注記位置の再現:注記、記号については地形図上の位置を正規化座標で取得しているため、編集上適した位置に注記や記号を配置することができます。
  4. 公共施設データの取得:公共施設の正式名称及び住所の情報を取得しています。
  5. 地形図外字の表示:地形図に記載され、JIS第一水準及び第二水準に存在しない文字については外字を作成しています。

 2.収録範囲

 全国(北方四島・竹島を除く)を収録しています。

 3.数値地図25000(地名・公共施設)のデータ構造

 数値地図25000(地名・公共施設)のデータは5テーブルからなり、それぞれの詳細は次のとおりとなっています。データファイルの構造についてはそれぞれの名称の部分をクリックしてください。

注記テーブル 地形図上にある注記(国道番号、基準点、標高点等を除いた)が対象であり、代表点行政コード、分類コード、代表点経緯度等のデータを取得しています。
注記座標テーブル 注記テーブルにある注記の地形図上の位置を正規化座標で取得しています。
注記所属テーブル 注記の所属する市町村を取得しています。
記号テーブル 地形図上にある公共施設の記号が対象であり、その中心位置(正規化座標)を計測し、代表点行政コード、記号コード等のデータを取得しています。
公共施設テーブル 地形図に記載されている公共施設についてその正式名称及び所在地等のデータを取得しています(公共施設データは地方公共団体の出張所、試験研究機関及び大学の研究所等は対象外です)。

 4.数値地図25000(地名・公共施設)のファイル形式

 数値地図25000(地名・公共施設)のデータは3種類のフォーマットからなり、それぞれ次のとおりとなっています。

  1. CSV形式:項目ごとにカンマで区切られたテキスト形式のフォーマット
  2. MDB形式:Microsoft社のデータベース用のフォーマット
  3. BDE形式:簡易表示ソフトで使用するINPRISE社のデータベース用のフォーマット

 5.外字について

 地形図に注記されている文字のうち、JISの第一水準及び第二水準に含まれない文字(以下地形図外字という)は約230個存在し、そのフォントを作成しています。地形図外字はインストーラーによってシステム内に組み込むことができ、データ上で表示させることができます。地形図外字をインストールしない状態でもその形状を画像として確認するためにtiff形式のデータを作成しました。
 ユーザーが独自に外字ファイルを作成している場合、地形図外字をインストールする際には、十分ご注意下さい。

 6.表示ソフト

 表示ソフトは各テーブルの中身を確認するためのもので、検索機能を有し、結果を表形式で表示します。このソフトの動作環境は以下のとおりです。

  1. OS Windows95、Windows98、WindowsNT4.0
  2. RAM 32MB以上
  3. ディスプレイの解像度 800X600ドット以上
  4. ハードディスクの空き容量 70MB以上

 7.価  格

 CD-ROM 1枚 7,143円(消費税別)

 ◆ 数値地図購入に関するお問い合わせ

財団法人 日本地図センター 普及販売部
〒153-8522 東京都目黒区青葉台4-9-6
 TEL:03-3485-5414
 FAX:03-3465-7591
 URL:http://www.jmc.or.jp/