文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 測量法  >  世界測地系の導入に関して  >  世界測地系移行の概要  > 用語集  

用語集


世界測地系
 世界測地系とは、VLBIや人工衛星を用いた観測によって明らかとなった地球の正確な形状と大きさに基づき、世界的な整合性を持たせて構築された経度・緯度の測定の基準で、国際的に定められている測地基準系をいいます。

日本測地系
 日本測地系とは、わが国だけの観測で明治時代に構築した、地球上の位置を経度・緯度で表わすための測地基準系をいいます。

ITRF94座標系
 International Terrestrial Reference Frame(国際地球基準座標系)1994の略語です。ITRF94座標系は、IERS(International Earth Rotation Service:国際地球回転観測事業)が構築した3次元直交座標系です。この座標系では、地球の重心に原点を置き、X軸をグリニッジ子午線と赤道との交点方向に、Y軸を東経90度の方向に、Z軸を北極の方向にとって、空間上の位置をX、Y、Zの数字の組で表現します。

IERS
 International Earth Rotation Service(国際地球回転観測事業)の略語です。IERSは、「慣用地球基準座標系の定義・保持」「世界時の決定」等を目的とする国際機関です。母体機関は、IUGG(International Union of Geodesy and Geophysics:国際測地学及び地球物理学連合)及びIAG(International Association of Geodesy:国際測地学協会)です。

IUGG
 International Union of Geodesy and Geophysics(国際測地学及び地球物理学連合)の略語です。IUGGは、国際協力を通じて測地学及び地球物理学の研究の発展と助長することを目的とする国際的な学術団体です。

IAG
 International Association of Geodesy(国際測地学協会)の略語です。IAGは、IUGGを構成する協会の1つで、測地学に関するあらゆる学術的諸問題の研究の振興、測地学的調査の振興等を目的とする国際的な学術団体です。

GRS80
 Geodetic Reference System(測地基準系)1980の略語です。GRS80は、IAG(International Association of Geodesy:国際測地学協会)及びIUGG(International Union of Geodesy and Geophysics:国際測地学及び地球物理学連合)が1979年に採択した、地球の形状、重力定数、角速度等地球の物理学的な定数及び計算式です。GRS80では、楕円体の形状や軸の方向及び地球重心を楕円体の原点とすることも定められています。この楕円体をGRS80楕円体といいます。

WGS84
 World Geodetic System(世界測地系)1984の略語です。WGS84は、米国が構築・維持している世界測地系です。GPSの軌道情報で使われているほか、GPSによるナビゲ-ションの位置表示の基準として使われています。

VLBI
 Very Long Baseline Interferometry(超長基線電波干渉法)の略語です。宇宙のはるかかなたにある電波星(クエーサー)からの電波を地球上の数千キロメートル離れた複数の地点に設置した電波望遠鏡で受信し、処理を行うことで地点間の相対的な位置関係を高精度で測定します。

GPS
 Global Positioning System(全地球測位システム)の略語です。米国が運営する位置を求めるためのシステムで、測量に利用する場合は、人工衛星からの電波を複数の地点で受信し、処理を行うことで地点間の相対的な位置関係を高精度で測定します。

GIS
 Geographical Information System(地理情報システム)の略語です。GISは、数値化された地図データと台帳などの属性データを組み合わせ、コンピュータ上で一元管理するもので、情報の検索や処理又は解析を容易に行うことのできるシステムです。

ベクタデータ
 ベクタデータは、長さと方向を持ち、それぞれの点、線、面に属性データを付加することができます。

ラスタデータ
 ラスタデータとは、スキャナ(画像情報のコンピュータ入力装置)等で入力された画像データをいいます。情報量が多いことが難点ですが、大容量のメモリーやデータ圧縮技術により簡単に利用できるようになってきました。

図郭
 図郭とは、地図の区画(輪郭)をいい、経緯度での区画と平面直角座標による区画があります。

図郭線
 図郭線とは、地図の区画線(輪郭線)をいい、図郭が経緯度線による区画のときは、経線及び緯線が図郭線になります。図郭が平面直角座標による区画のときは、座標線を図郭線にすることが多くあります。

分目盛(ティックマーク)
 分目盛とは、図郭線の外側に表示する短い線をいい、1分毎に表示されます。

ページトップへ