文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 測量法  > 世界測地系の導入に関して  >  世界測地系移行の概要  > 7 世界測地系と日本測地系に基づく測地基準点成果の違い  

7 世界測地系と日本測地系に基づく測地基準点成果の違い

 同一地点でも、世界測地系と日本測地系に基づく測地基準点成果では、経度・緯度の数値が違ってきます。

 どのくらい違うのでしょうか?

 図1は、測地基準系の変更による経度・緯度の差を表しています。

 楕円体の大きさの違いや日本測地系に基づく測地基準点成果に誤差があるために、全国一律ではなく、場所により数秒の違いがあります。
経度差    緯度差
世界測地系 - 日本測地系       世界測地系 - 日本測地系
(経度差:秒)               (緯度差:秒)
図1 世界測地系と日本測地系の違い
 図2は、世界測地系と日本測地系での基準点の相対位置の変化を、東京を基準にして表しています。東京から離れるに従って、相対位置の変化量が大きくなっていますが、これは測量の誤差が累積し基準点網がひずんでいることを表しています。場所により一様に変化していないところがありますが、これは、主に地殻変動の影響や、基準点網の計算をブロック別に行ったことによる影響と考えられます。

図2 日本測地系による基準点網のひずみ



ページトップへ