文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 申請・承認 > 国土地理院の地図の利用手続  > 承認が認められないもの(具体例)  

承認が認められないもの(具体例)

測量成果の複製の承認が認められないものとその具体例

承認が認められないもの

 刊行している最新の基本測量成果成果(過去3年以内に刊行されたものを含む)に対し、何ら手を加えずに全く同じもの(独自データの付加、データの一部切り出し等がされていないもの)を複製しようとする場合、又は、国土交通大臣が行う地図等の刊行及びインターネット提供を害するおそれがあると認められるもの。
 ただし、地理空間情報活用推進基本法に定める基盤地図情報は、この限りでない。

承認が認められない具体例

  • 数値地図の形式のみ変換(TIFF形式からBMP形式等)
  • 色調を薄くしただけ
  • 解像度を荒くしただけ
  • そのまま複製し、国土地理院の地図とは違う図郭に変更しただけ
  • 貼り合わせただけ
  • 図郭を更に分割しただけ
  • 地図をほぼ同じ大きさに縮小
  • 拡大しただけ(85%超~125%未満)
  • 空中写真の密着焼印画(23cm四方)の85%超の縮小から、四倍引伸印画(92cm四方)の125%未満までに拡大しただけ等
    なお、四倍引伸印画(92cm四方)の125%未満までに拡大したものには部分引伸(10倍)印画(92cm四方)の125%未満までの拡大したものも含む。
    上記例であっても地図等として刊行するのではなく、書籍等に内容を補足するために、地図等の一部を切り出し補助的に挿入する場合や、刊行している最新の基本測量成果でないもの(過去3年以内に刊行されたものは含まない)を教育、学術・調査研究目的に利用する場合は承認できるものとする。
  • 申請内容に虚偽があるもの
  • 公序良俗に反する目的又は犯罪行為に使用するための目的で複製しようとするもの
  • 複製しようとする測量成果が、申請された複製目的に照らして適切でないもの
  • 複製方法が適切でなく、測量成果としての精度が確保されないもの

ページトップへ