文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 国土地理院の国際活動  > 南極観測  > 南極地域の重力値の決定と重力異常の把握  

南極地域の重力値の決定と重力異常の把握

地球物理観測としてもっとも基本的な観測である重力測量を第2次隊から行っています。当初は重力振子(GSI振子)を用いて観測をおこなっていましたが、1991年昭和基地に重力計室が完成し、国際絶対重力基準点網の重力点が設置されてからは、絶対重力計を用いて4回の絶対測定を行っています。また露岩域では、相対重力計を用いて、重力異常を把握するため、基準点において精密重力測定をおこなっています。
image of IAGBN

国際絶対重力基準点網


絶対重力計の観測風景

FG5絶対重力計の観測風景
(第42次隊)

第43次隊による重力測定

第43次隊による重力測定
(シントレックス重力計)

 

ページトップへ