文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 子どものページ  > 先人たちのこどものころ  > 山村才助(やまむらさいすけ)1770-1807  

山村才助(やまむらさいすけ)1770-1807

先人たちのこどものころ:山村才助(やまむらさいすけ)

―「訂正増訳采覧異言」や「印度志」などを著した、地理学者 ―

画像:山村才助

画 伊藤久美子(伊藤デザインルーム)


山村才助(やまむらさいすけ)について

才助は、小さいときには、地面に柳の葉をならべては、文字の形を作って遊んでいたといい、6歳のときには「大学章句序」というむずかしい本の文章をうつしたといいます。

また、17歳のときには、伯父(おじ)さんの市河寛斎という人が書いた「日本詩記」という本のあやまりをなおすことをするほど、秀才(しゅうさい)であったといいます。

ページトップへ