文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 国土地理院の防災業務  > 3. 地殻変動を監視する  

3. 地殻変動を監視する

宇宙から地球を測る技術等により国土の地殻変動を監視しています
地殻変動情報を得るための測量・調査には電子基準点を用いたGNSS連続観測、水準測量、合成開口レーダによる測量などがあります。また、緊急時においては、迅速に現地へ現地緊急測量調査班を派遣し機動観測を行います。

電子基準点によるGNSS連続観測

全国に配備された電子基準点で連続観測を行い日本列島の地殻変動を監視しています。
電子基準点の写真
電子基準点
日本列島の地殻変動
電子基準点の監視から明らかになった日本列島の地殻変動

電子基準点によって解明したゆっくりすべり

日本の太平洋岸などでは、移動してきた海側のプレートが日本海溝、千島海溝や南海トラフという場所などで、日本列島のある陸側プレートの下に沈み込むことから、過去に巨大地震が発生しています。電子基準点の観測によって、このプレートの境界部では、全国各地域で陸側のプレートと海側のプレートで地震を伴わないゆっくりとしたすべりの地殻変動が発生している場所を検出しました。
また、陸側のプレートと海側プレートが固着している場所(アスペリティ)の存在も地殻変動から解ってきました。この固着している場所で津波を伴うような大きな地震が繰り返し発生していることも解ってきました。さらには繰り返し発生する地震の範囲、大きさが解明されつつあり、震源となるアスペリティの分布を知ることは、備えるべき地震の大きさや強さを知る上で、とても重要なことです。
プレート境界面上の歪みモデル図
東海地域のプレート境界面上の歪みの蓄積・解放様式

電子基準点の地殻変動結果を用いて地震断層モデルを推定

大地震発生時に招集される地震調査委員会等において、推定した断層モデルは断層破壊領域の確定や余震域の推定の情報として、重要な役割を果たしています。
観測した地殻変動のデータ
観測した地殻変動のデータ
断層モデル
断層モデル(断層の大きさや方向を推定する。)

衛星SARを用いた地殻変動の監視

人工衛星で観測したSAR画像を解析し、地殻変動を監視しています。

解析結果からわかること
SAR解析により明らかになった地殻変動

地震予知連絡会の運営

地震予知連絡会は、地震に関する観測・研究を実施している機関や大学の研究者で構成され、昭和 44 年 4 月に測地学審議会(現科学技術・学術審議会測地学分科会)の建議により設けられた機関であり、国土地理院が事務局を担当しています。地震の予知・予測により震災軽減に貢献することを目的とし、観測・研究情報を交換するとともに、将来発生する地震の予知・予測に関する学術的検討を行っています。また、国土地理院は、政府の地震に関する 評価等を行う地震調査委員会の事務局を文部科学省、気象庁とともに担当しています。
会議風景
会議の様子

ページトップへ