文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > GIS・国土の情報 > 地理空間情報の活用推進  >  過去の計画・活動等  >  共同研究の成果  > GISによる数値地図の高度利用に関する研究  

GISによる数値地図の高度利用に関する研究

概要

研究内容

平成11年度~12年度にかけて、民間企業18社との研究を実施しました。 国土地理院が整備済みの数値地図を共同研究者に貸与し、GISを用いて国土地理院が整備して いる各種の数値地図等と、他の空間データとの統合、構造化等を行うなど、利用者が必要とする機能の研究開発を行うことを目的としています。
参加企業各社が行った研究内容
参加企業名 研究内容(項目)
中央復建コンサルタンツ(株) GISを活用した道路交通騒音の面的評価支援システムの開発
国際航業(株) ラスタ-地形図の有効活用手段の検討と検証
(株)ジェイ・オー・ネットワーク
法定外公共物譲与支援システムの開発
川崎地質(株) 火山基本図数値データを利用した火山災害シミュレーションモデルの開発
(株)ワコスジャパン
数値地図を利用した不動産情報検索システム
(株)キャディックス 数値地図25000(地名・公共施設)を利用した地図Viewerの開発
住鉱コンサルタント(株) 火山基本図数値データを利用した火山災害シミュレーションモデルの開発
(株)エフジェネックス インターネットを用いた数値地図の利用・更新に関する研究
八千代エンジニヤリング(株) 水循環解析におけるプレポストシステムの開発
(株)建設技術研究所 地殻活動データの表示・検討システム‘GPS-GIS’の開発
(株)国土開発センター 簡易洪水シミュレーションに関する研究
(株)アイ・エヌ・エー 標高データを利用した詳細地図の開発に関する研究
(株)ドーン

お問い合わせ

本ページの内容に関する問合せは、問合せシステムフォームにて受け付けております。

ページトップへ