文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 国土地理院による火山周辺地域における地殻変動観測の概況  > 地殻変動観測の概況(2018年10月)  

地殻変動観測の概況(2018年10月)

各火山の概況

2018年10月全国概況
  • 吾妻山
  • 吾妻山周辺では、2018年5月頃から一部の基線で山体の膨張を示すわずかな地殻変動が見られています。
    吾妻山資料 [PDF形式:416KB]
     
  • 草津白根山
  • 2018年4月頃から見られた、「草津」-「長野栄」の基線での伸びは2018年7月頃から鈍化しています。
    草津白根山資料 [PDF形式:417KB]
     
  • 硫黄島
  • 2018年9月8日から「硫黄島1」が12cm程度、「M硫黄島A」が10cm程度北向きに変動し、「硫黄島2」は南向きに10cm程度変動しました。また、9月8日から9日にかけて、「硫黄島1」及び「M硫黄島A」が10cm程度隆起したあと、沈降しました。なお、こうした急激な変動は鈍化しました。
    硫黄島資料 [PDF形式:851KB]
     
  • 霧島山
  • 霧島山を挟む基線では、2018年7月頃から伸びの傾向が継続しています。
    霧島山資料 [PDF形式:725KB]
     
  • 桜島
  • 鹿児島(錦江)湾を挟む基線での伸びは停滞しています。桜島島内は2018年3月頃から伸びの傾向が鈍化していましたが、5月頃から停滞しています。
    桜島資料 [PDF形式:595KB]
     
  • 口永良部島
  • 顕著な地殻変動は観測されていません。
    口永良部島資料 [PDF形式:231KB]
     
  • 諏訪之瀬島
  • 顕著な地殻変動は観測されていません。
    諏訪之瀬島資料 [PDF形式:178KB])  

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ