文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 防災関連 > 国土地理院による火山周辺地域における地殻変動観測の概況  > 地殻変動観測の概況(2015年2月)  

地殻変動観測の概況(2015年2月)

各火山の概況

2015年2月全国概況
  • 吾妻山
  • 2014年12月頃から一部のGNSS基線で膨張を示すわずかな地殻変動が見られます。
    吾妻山資料 [PDF形式:432KB]

  • 草津白根山
  • 2014年春頃から見られていた湯釜付近の膨張を示す地殻変動は、11月頃から鈍化または停滞しています。
    草津白根山資料 [PDF形式:401KB]

  • 御嶽山
  • 御嶽山を挟む基線で、2014年9月上旬頃からごくわずかな伸びと9月下旬頃からごくわずかな縮みの傾向が見られ、12月までに9月上旬頃の基線長に戻っています。
    御嶽山資料 [PDF形式:628KB]

  • 伊豆大島
  • 伊豆大島では、2013年4月頃からの縮みの傾向、同年8月頃から伸びの傾向が見られます。
    伊豆大島資料 [PDF形式:247KB]

  • 三宅島
  • 長期的な伸びの傾向に特段の変化はみられません。
    三宅島資料 [PDF形式:208KB]

  • 硫黄島
  • 硫黄島内の「硫黄島1」及び「M硫黄島A」の隆起並びに「硫黄島2」の南向きの変動は、2015年1月中旬頃に変動速度が上がりましたが、2月上旬頃から停滞しています。
    硫黄島資料 [PDF形式:574KB]

  • 阿蘇山
  • 2014年夏以降、一部の基線にわずかな伸びの傾向が見られます。
    阿蘇山資料 [PDF形式:209KB]

  • 霧島山
  • 霧島山周辺の「えびの」-「牧園」基線では、2013年12月頃から伸びの傾向が見られます。
    霧島山資料 [PDF形式:515KB]

  • 桜島
  • 桜島島内の基線では、2014年7月頃から停滞またはわずかな縮みの傾向が見られていましたが、2015年1月上旬頃から伸びの傾向が見られます。鹿児島(錦江)湾を挟む一部の基線で見られた長期的な伸びの傾向は、2013年6月頃からほぼ停滞していましたが、2015年1月上旬頃から伸びの傾向が見られます。
    桜島資料 [PDF形式:296KB]

  • 口永良部島
  • 顕著な地殻変動は観測されていません。
    口永良部島資料 [PDF形式:177KB]

  • 諏訪之瀬島
  • 顕著な地殻変動は観測されていません。
    諏訪之瀬島資料 [PDF形式:193KB]

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ