文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 2012年 報道発表資料  > 東海地震に備えた現地緊急測量調査訓練を実施 最終更新日:2012年8月27日

東海地震に備えた現地緊急測量調査訓練を実施

平成24年度 国土地理院防災訓練

発表日時:2012年8月27日14時00分

 平成24年8月29、30日に実施する「政府現地対策本部設置・運営訓練及び静岡県総合防災訓練」に連携して、東海地震を想定した現地緊急測量調査訓練を、平成24年9月4日(火)に国土地理院東海機動観測基地(静岡県掛川市)とその周辺地域(牧之原市、御前崎市)で実施します。

 訓練は、東海地震発生に伴う地殻変動把握を目的として、東北地方太平洋沖地震の教訓から、港湾施設等の上下変動をいち早く把握するため、GNSSを使用して変動量を調査する訓練及びGNSS連続観測施設(電子基準点)の点検とともにデータ収集を行い、携帯電話でデータ送信する訓練を実施します。
 また、東海機動観測基地では、東北地方太平洋沖地震に対する災害対策活動の一部をパネル 展示します。

訓練概要

1.訓練日時
     平成24年9月4日(火)7時30分から13時30分まで

2.訓練実施場所
  国土地理院東海機動観測基地及びその周辺地域
  東海機動観測基地  TEL 0537-23-7314
  〒436-0017 静岡県掛川市杉谷750-45

3.訓練参加者
  国土地理院職員 11名

4.主な訓練内容(概要は添付資料参照)
  (1)GNSSを使用した上下変動調査訓練
  (2)GNSS連続観測施設のデータ収集と通信訓練

問い合わせ先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
国土交通省国土地理院
企画部 防災推進室長    川本 利一 電話 029-864-6572
企画部 防災推進室長補佐 鈴木  弘   電話 029-864-6275
                           Fax 029-864-1658

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。

ページトップへ