文字サイズ変更

  • 標準
  • 拡大
地理院ホーム  > 基準点・測地観測データ > 「福岡県西方沖を震源とする地震」に伴う基準点成果の取り扱いについて  

「福岡県西方沖を震源とする地震」に伴う基準点成果の取り扱いについて

 「福岡県西方沖を震源とする地震」(発生:平成17年3月20日 M7.0 )で大きな地殻変動が認められた地域において、国土地理院が設置している電子基準点及び三角点の成果を改定し、以下のとおり公表しています。

 電子基準点3点(福岡、古賀、前原)の成果は平成17年4月18日、緊急測量を実施した三角点25点の成果は5月24日、その後、さらに広範囲な地域において再測量及び改算を実施した三角点成果は、10月18日に公表するとともに、国土地理院本院、関東地方測量部及び九州地方測量部で閲覧及び謄本(抄本)交付が可能となります。また、国土地理院ホームページ(基準点成果閲覧サービス)からもご覧になれます。

 また、国及び地方公共団体等の公共基準点成果及び地図成果を地震後の現況と整合させるため、水平位置を補正する座標補正ソフトウェア「PatchJGD」を国土地理院のホームページ上で10月18日から公開、公共測量成果としてディジタルマッピングで作成された都市計画図等を補正するためのDMソフトウェアを九州地方測量部で10月18日から貸与しています。

三角点成果改定地域及び座標補正ソフトウェア

問い合わせ先

  • 九州地方測量部 測量課調整係
    〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-11-1(福岡合同庁舎第1号館)
     TEL:092-411-7916(直通)

  • 測地部 測地基準課 基準管理係
    〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
     TEL:029-864-6885(直通)



地理院ホームへ地震に伴う基準点成果の取り扱いへ
 

ページトップへ